柔の道は一日にして成らず

モチベーションの上がるクライマーブログ100選

というnaverまとめに

このブログも載ってました!

リンク↓
http://matome.naver.jp/m/odai/2138556364061312901
有名なブログばかり。光栄ですね!



モチベーションの上がるような記事を書いてる覚えが全然ありませんが、
今後も元気に更新していきますよ!





先日は、
職場ジムにアイドルの瀧口友里奈さんが撮影でいらしてくださいました!
すんげーー可愛いかったです。モチベーション上がりますね。

瀧口さんのブログ↓
http://s.ameblo.jp/takiguchi-yurina/entry-11732859568.html




横濱ツウ!という地域の情報番組の取材だったのですが、
カメラ慣れしていない僕はキョドってセリフ噛みまくりで、スタッフのみなさんにご迷惑をかけまくってしまいました。緊張をほぐすために一杯ひっかけておけば良かったです!








ところで、実は来月から職場を移ることになりました。

都内のジムに勤務します。
ヤバイジムにしますよ。燃えてます。
ジェジェジェ!
スポンサーサイト

タコについて

港町の生まれのせいか、やはり海は好きである。
特に冬の海は良い。

大荒れに荒れる波を眺めながら(温かい屋内で)タコやイカでも食って、
昼間から深夜にかけて、どおーんと酔っ払いたいものだ。


先日訪れた湘南の海鮮丼屋で、タコ丼なるものを食べながらそんなことを思った。
年末年始はゆっくりのんびりするものと、脳髄に染み付いている。


実際はサービス業に就いている以上なかなかそうはいかず、
休まず働くのが当たり前になっていたのだが、
今年は珍しく、大晦日と元日に休暇をいただけることになった。
なにをして年を越そうか、画策中である。








さて、最近はインドアクライミング派の僕としては珍しく、
ちょこちょこと外の岩場に登りに行っている。

先日は外岩初めてのお客様、
サガワさんとサトーさんと三人で、御岳に行ってきた。


天気も良く、二人ともエライ楽しそうだった。

クライミングをしない人から見ると
相当に滑稽に映るに違いない、
大の大人が岩っころをよじ登るというこの遊びが、
なんだってこんなに楽しいのか。

ヤマケイ社の名著•フリークライミングでは、
クライミングの楽しさについて、
スキル、フィジカル、ブレインの
みっつの要素のバランスが
他のスポーツに比べて丁度良くまとまっているのが、大人もハマる魅力のひとつである。と説いている。

こんなグラフまで載っている。


ブレインの部分にメンタル要素も含まれるとしたら、
このグラフは外岩でのクライミングを考えてのものだと思われる。
これを読んだ時はなるほどなあー、と妙に納得した。



今後も、外岩クライミングを月一くらいは行きたいなあ。休日はどうしても遠方のジムに足が向いてしまいがちだけど。






--------------------------------------

ところでこないだ、
波田さんちとお食事に行きました!

ともちんが本当ユカイでした。さすがクライミング界のご意見番。

ムスコユーキは今号もちゃっかりロクスノに載ってましたね。ムスッとしてました。かわいい奴です。のぼると強すぎてかわいくないです。








あと、ここに来て能年れなちゃんが尋常じゃなく可愛いですね。

奇声獣

今日はひとつ、
クライミング中の叫び声について語りたいと思います。(´Д` )





クライマーなら誰しも、
自分の限界グレードの課題を超集中モードでトライする時
無意識のうちに叫び声を上げちゃってた、
なんて経験があるのではないでしょうか。

またはクライミングジム等で、
奇声を発しながら
足ブラで壁に必死でしがみついている輩を見かけたことはありませんでしょうか。



かくいう僕もよく叫びます。うゔうぅーーっ!とか、あ〝ああああ!とか言ったりします。







実は叫ぶのって、
科学的に見てもとっても有効だそうなのです!





極度に大きな筋力を出力する際に大きな声を出すことは、
実は理に適っている行為であり有効な手段だ、
という記事を本で見つけました。

これをシャウト効果、と呼ぶそうです。














このシャウト効果の優れている点は、
息を吐き出しながら力を発揮している点だそうで、神経系における運動制御の抑制を緩和し、
科学的には約5%~7%ほどの筋出力アップをもたらす可能性があるとされているんだとか。




5パー増し!そりゃあーデカイです( *`ω´)
片手3本指のタンデューで瞬間的に100キロ耐えれる人なら、105キロまで耐えれるようになります!( *`ω´)例えが下手でよくわかりませんね!( *`ω´)





記事には 
特にヘビーウエイトを扱う事が多いアスリートには非常に有効である、
との記述もありました。


クライミングは、瞬間的に指先ひとつに何十キロもの負荷をかけるような場面も度々あります。
これは充分ヘビーウェイトと言えるでしょう(; ̄ェ ̄)









なにが言いたいかと言うと、
クライマーなら恥ずかしがらずに登る時は叫びましょう( *`ω´)ということです。








僕はクライミングは騒がしくてナンボの泥臭いスポーツだと思っていますし、


奇声を発しながら遮二無二登っている人って、集中•緊迫している感が周りに伝わって応援したくなります(^.^)それでいてパワー5パー増し。シャウトするっきゃないっしょー!




特に女子が登りながら声を上げていたら、萌え燃えしますね( ;´Д`)















なお、岩場によっては叫び声に寛容ではないエリアもあるようですね。
ご注意をσ(^_^;)












そして前記事のマッチ棒クイズが思いのほか好評だったのでもう一問。居酒屋で出しやすいやつ。


二本追加して正三角形を五個に。
グレード 3級

年の瀬

昨日は職場のジムの忘年会でした。

大した告知もせず(小さい張り紙のみ)
小規模でひっそりとやるつもりでしたが、
ありがたいことにみんな大量にお酒をお持ち込みになられて、
くちゃくちゃの大騒ぎとなりました。





年の瀬って感じです。











さて、とってもどうでもいいことですが、
最近マッチ棒クイズにハマっています。
飲み屋なんかでツマヨウジを使って出題とかしちゃってます。実にくだらないです。

簡単めなものを載せてみますので、チョー暇な人は考えてみてください(^_^*)



マッチ棒で作られた計算式が2つあります。それぞれマッチ棒を1本だけ動かし、正しい計算式にしてください。ただし、マッチ棒は折って使ってはいけません。また「=」を「≠」としてもいけません。

グレード・4級

寒さ対策

ボルダリングコンペシーンの熱い冬!
Blocが今年も先週から始まりました(^_^*)




第一戦アングラ、申し込みから大盛況でしたが。
出場枠増員で、ギリギリ出場できましたo(^_-)O




結果は決勝には5位タイで残れたものの、
決勝では安定のビリ( ゚д゚)
七位で終了でしたo(^_-)O お疲れ様です。



決勝メンツは、僕とニシコフ以外は学生。
そのうち三人は高校生、一人は中学生とゆう
ヤングな顔ぶれでした(`_´)ゞ



若い世代は本当、ますます群雄割拠化が進んでるって感じです( *`ω´)
このスポーツが成熟してきたということでしょう。



オジサンもなんとか食らいついていきますよー!(^_−)−☆



予選リザルト。


決勝。ボテボテしい課題に翻弄される( *`ω´)


女子優勝ホマさん!大ファンです( *`ω´)のうねんれなに似てます







そして先日は

僕の勤め先、ZENでのボルダリングコンペでした( *`ω´)


セッター陣は仲良し達に招集をかけ、
ハタユーキ、マッハ隼人、ニシコフという異色の面々が揃いました(`_´)ゞ





課題の仕上がりはなかなか満足のいく出来。
段取りはユルユルでしたが
音響や照明、演出もそれなりにこだわれて、


小さいハコにしてはかなり良い感じのコンペに仕上げれたと思います(`_´)ゞ

課題面白かったです!との声もチラホラとかけて頂けましたm(._.)m感激です。


てゆうか選手たちが強かった!
すっかり盛り上げてもらっちゃいました( *`ω´)





ホームジム勢で唯一入賞のナカマッティー選手!
ミドルクラス三位、お嬢さんも乱入して感動の表彰式





セッター集合写真




楽しかったなあ、
ぜひまた同じメンツでコンペ運営やりたいです(^.^)

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索