奇声獣

今日はひとつ、
クライミング中の叫び声について語りたいと思います。(´Д` )





クライマーなら誰しも、
自分の限界グレードの課題を超集中モードでトライする時
無意識のうちに叫び声を上げちゃってた、
なんて経験があるのではないでしょうか。

またはクライミングジム等で、
奇声を発しながら
足ブラで壁に必死でしがみついている輩を見かけたことはありませんでしょうか。



かくいう僕もよく叫びます。うゔうぅーーっ!とか、あ〝ああああ!とか言ったりします。







実は叫ぶのって、
科学的に見てもとっても有効だそうなのです!





極度に大きな筋力を出力する際に大きな声を出すことは、
実は理に適っている行為であり有効な手段だ、
という記事を本で見つけました。

これをシャウト効果、と呼ぶそうです。














このシャウト効果の優れている点は、
息を吐き出しながら力を発揮している点だそうで、神経系における運動制御の抑制を緩和し、
科学的には約5%~7%ほどの筋出力アップをもたらす可能性があるとされているんだとか。




5パー増し!そりゃあーデカイです( *`ω´)
片手3本指のタンデューで瞬間的に100キロ耐えれる人なら、105キロまで耐えれるようになります!( *`ω´)例えが下手でよくわかりませんね!( *`ω´)





記事には 
特にヘビーウエイトを扱う事が多いアスリートには非常に有効である、
との記述もありました。


クライミングは、瞬間的に指先ひとつに何十キロもの負荷をかけるような場面も度々あります。
これは充分ヘビーウェイトと言えるでしょう(; ̄ェ ̄)









なにが言いたいかと言うと、
クライマーなら恥ずかしがらずに登る時は叫びましょう( *`ω´)ということです。








僕はクライミングは騒がしくてナンボの泥臭いスポーツだと思っていますし、


奇声を発しながら遮二無二登っている人って、集中•緊迫している感が周りに伝わって応援したくなります(^.^)それでいてパワー5パー増し。シャウトするっきゃないっしょー!




特に女子が登りながら声を上げていたら、萌え燃えしますね( ;´Д`)















なお、岩場によっては叫び声に寛容ではないエリアもあるようですね。
ご注意をσ(^_^;)












そして前記事のマッチ棒クイズが思いのほか好評だったのでもう一問。居酒屋で出しやすいやつ。


二本追加して正三角形を五個に。
グレード 3級
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索