タコについて

港町の生まれのせいか、やはり海は好きである。
特に冬の海は良い。

大荒れに荒れる波を眺めながら(温かい屋内で)タコやイカでも食って、
昼間から深夜にかけて、どおーんと酔っ払いたいものだ。


先日訪れた湘南の海鮮丼屋で、タコ丼なるものを食べながらそんなことを思った。
年末年始はゆっくりのんびりするものと、脳髄に染み付いている。


実際はサービス業に就いている以上なかなかそうはいかず、
休まず働くのが当たり前になっていたのだが、
今年は珍しく、大晦日と元日に休暇をいただけることになった。
なにをして年を越そうか、画策中である。








さて、最近はインドアクライミング派の僕としては珍しく、
ちょこちょこと外の岩場に登りに行っている。

先日は外岩初めてのお客様、
サガワさんとサトーさんと三人で、御岳に行ってきた。


天気も良く、二人ともエライ楽しそうだった。

クライミングをしない人から見ると
相当に滑稽に映るに違いない、
大の大人が岩っころをよじ登るというこの遊びが、
なんだってこんなに楽しいのか。

ヤマケイ社の名著•フリークライミングでは、
クライミングの楽しさについて、
スキル、フィジカル、ブレインの
みっつの要素のバランスが
他のスポーツに比べて丁度良くまとまっているのが、大人もハマる魅力のひとつである。と説いている。

こんなグラフまで載っている。


ブレインの部分にメンタル要素も含まれるとしたら、
このグラフは外岩でのクライミングを考えてのものだと思われる。
これを読んだ時はなるほどなあー、と妙に納得した。



今後も、外岩クライミングを月一くらいは行きたいなあ。休日はどうしても遠方のジムに足が向いてしまいがちだけど。






--------------------------------------

ところでこないだ、
波田さんちとお食事に行きました!

ともちんが本当ユカイでした。さすがクライミング界のご意見番。

ムスコユーキは今号もちゃっかりロクスノに載ってましたね。ムスッとしてました。かわいい奴です。のぼると強すぎてかわいくないです。








あと、ここに来て能年れなちゃんが尋常じゃなく可愛いですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索