サシジ山の伝説

そんなこんなで楽しめた式根島ツアー。

伊豆諸島には昔から離島ならではの独特の神話・伝承も多く、そういった話を地元の古老に聞いて回るのも楽しみのひとつでした。

面白かったのはサシジ山の伝説。

「鳩になった娘」

昔、大蛇が娘を好きになり追いまわした。
娘は神様の力で鳩に姿を変えて逃げた。
その鳩が、式根島のサシジ山で羽を休めたが、その時に、躑躅(つつじ)の枝で目を刺してしまったのであった。

蛇は三宅島で神様に退治されたのだが、
その時、大蛇の頭は大島に、胴体は新島と式根島に、尻尾は八丈島に飛んでいったのだという。

だから今でも三宅島には蛇がいないし、大島には毒蛇がいるが、式根と新島には毒のある蛇がいないのだという。

また、さしじ山のツツジは、娘の目をさしたというのが原因で、今でも花が咲かないのだという。



要約するとこんな感じです。

ヘビが居ない理由やツツジが咲かない理由などの身近なことがらに結び付けられて語られているのが面白い。
ちなみに式根島のツツジは、近年になってよそから移植してきたそうで、今ではちゃんと花が咲くそうです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索