鶺鴒(せきれい)が叩いて見たる南瓜かな

台風が過ぎて秋晴れの東京です。

さて、近々職場ジムでハロウィンパーティを開催する運びとなりました。

ので、ハロウィンとはなんぞやと思い、調べてみております。
思えば子供のころはそんな風習まったく無しで育ってきましたし、
妖怪変化魑魅魍魎が大好きな僕ですが、西洋の妖怪文化に対する興味は薄く造詣も浅いのであります。

ウィキによると、
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。

だそうです。

死者の霊が訪ねてくるというあたりから日本のお盆に相当する行事ということでしょうか。
魔除け(ジャックオーランタン)を焚いているにも関わらず精霊たち(に仮装した子供たち)が来ちゃってるというのが良く分かりませんが、子供主体という行事というか祭りは日本にはあまり見られない気がしますね。



職場ジムでのハロウィンイベントでは当然僕も仮装をするつもりですが、
どんなのにしようか迷い中です。

やはり和風妖怪変化で行きたいところですが…。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索