去年今年 貫く棒の如きもの

群馬の茂林寺に伝わっている、ぶんぷく茶釜を見てきました。
あの有名な昔ばなしの、タヌキが化けたという茶釜です!
こんな、色気のカケラも無い妙竹林なデエトにお付き合いくださるカミさんには本当感謝ですね。








昔は秋田の実家の裏なんかに野性の狸がチョコチョコ現れたりしたものですが、最近はめっきり見かけなくなったようです。
田舎と言えど土地開発の進んだコンクリートだらけの人里は見切りを付けられたのでしょう。
うまく化けて人間社会に溶け込んでいたりしたら楽しいものですが。

タヌキの尻尾が出てやしないかと、カミさんの尻を覗き込むのでした。









桐生市名物、ひもかわうどんを食べてシメ。
麺一本がまるでフンドシのような豪快なサイズでした。
箸じゃ持ちきれんので豪快に素手で食いました。






モッチモチでおいしかったです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索