三大なんちゃら

先日会津に行ったとき、喜多方まで足を伸ばすのをためらってしまった事を後悔している。
ちょっと遠かったし、喜多方のクライミングジム「ロマノフ」さんが、たまたま長期休業中で
開いていなかった事も大きい。開いていれば、帰り道途中のロック&フィドルさんではなく、ロマノフさんで登るつもりだった。

しかし無理やりにでも喜多方まで出向き、ラーメンを食べておくべきだった。
過去に札幌、博多ではラーメンを食べた経験があるので、喜多方ラーメンも食べれば
日本三大ラーメンを制覇することができたのだ。






どうにもミーハー気質があって、日本三大なんちゃら、というのに弱い。
日本三大温泉  熱海、白浜、別府 も制覇したいし
三大地鶏、三大和牛、三大珍味なんてのにも惹かれてしまう。


外岩にはめっきり登りに行かないが、
三大クラシック課題(忍者返し、エイハブ船長、池田カンテorデッドエンド)だけは10年以上にいち早く制覇した。
三大初段とか三大三段というのはないのだろうか。







ちなみに日本三大妖怪は鬼・天狗・河童。
それとは別に三大悪妖怪というのもあり、
こちらは酒呑童子、玉藻前、崇徳天皇だそうである。

この中で崇徳天皇は実在した人物だが、
その名前は日本三大怨霊にも数えられている。
三大怨霊は「崇徳天皇」「菅原道真」「平将門」。

三大怨霊は、長い日本の歴史の中で、祟り、畏怖され、祀られ、
今では神へとその姿を変えている。

大学進学の際や、国体秋田県予選の前など、昔はよく菅原神社にお参りしたものだ。
つらつらとこうして日記を書いていたら、ふと、そんなことを思い起こした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

くにくに

Author:くにくに
生まれ 秋田
現住所 東京

趣味
フリークライミング、将棋、妖怪

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索